さかしたの「いちご大福」にかける想い

2015.01.29

菓子作りに対しての想い、素材に対してのこだわり

苺大福
  いちご大福といえば、いちごを生地で包み込むものという固定概念があり、当店でも最初はいちごを生地の中に包んでいました。しかし、食感をそそるみずみずしく、色鮮やかな苺をどうにかお客様に見て頂きたいという思いから、思い切って、苺を生地から出すことにしてみました。

いちごが丸見えの状態ですから、今以上に、苺の色、味共に品質の高い良いものでなければなりません。
そこで、納得のいく苺を探すために奔走しました。そしてやっと、自信をもってお勧めできる、現在の契約農家さんに、たどり着きました。
生地と、いちごのおいしさ、色、つやを最大限に引き出した、さかしたこだわりの、いちご大福の完成です。お客様にも自分の目で確かめて、安心して購入できるとご好評頂いております。
現在ではこのスタイルのいちご大福が主流になりつつあります。
このように、さかしたでは、厳選した新鮮で安心な素材にこだわり、常に新しく自由な発想で、お客様のニーズにお応えできる菓子作りに日々取り組んでおります。